タグアーカイブ | 就職

現地採用も増えている

ハノイでもホーチミンでも同じ状況だそうですが、最近活発に採用されているものの1つに「現地採用」といったものがあげられます。企業側は現地採用することで人件費を減らして採用したいといったものです。
現地採用ですが、日本で海外で働くみたいなことが流行っているのか中途採用だけではなく、新卒の子たちもけっこう入ってきているみたいです。私のようにハーフの子よりも圧倒的に日本人が多いのも現状です。
なぜベトナムで就職しようと思ったのか聞いてみると旅行に来てすっかり気に入った、気候いいからといった理由が多いみたいですね。私のように母の離婚が理由で移住したという人のほうがごくまれのようです。母と同居といった人も珍しく、多くの人は単身世帯のアパートメントなどに住んでいます。
現地採用ですが、日系企業が続々と増えるなかそうした形態で働く人も増えつつあります。求人数も多いですが、それなりのスキルも要求されるので採用に至らなかったというケースもあるみたいです。大卒じゃないと就労ビザが取れにくいといったこともあるみたいですね。
また現地採用の人も住所は日本にしたままといった人も少なくないみたいです。日本にしたままでも特段問題ないのでそのほうが利便性があったりします。生命保険や国民健康保険、国民年金など住所が日本国内にあることが前提となっています。
男性はあまりその点に関してフランクのようで、全くかけていないといった人もいるみたいです。いざとなったら、ベトナムの病院かあるいは日本に帰国して国民健康保険に入ればいいか位にしか思っていないみたいですね。
確かに私もベトナムにきて1度も病院に行ったことがありません。日本でも最近行った病院といえば歯医者とインフルエンザの予防接種くらいだった気がします。あと会社で年に1度健康診断もありました。そのくらいですかね。
ベトナムでも一応健康診断はありますが、けっこう適当な感じがします。
ベトナムの現地採用ですが、一応1500ドルから交渉したほうが良いです。日系企業からみると大きな負担額ではあにので、強気交渉でいいと思います。特に語学ができる人は、1500ドルから2000ドルは狙いたいところです。
こんな感じですが、どうでしょうか?新卒で現地採用を検討している人は、保険については特にどうするか?真剣に考えることをおすすめします。国民年金だと厚生年金と違って支払額もぐんと下がります。この点も難点ですね。

給料や条件について

ベトナムでの企業ですが、私の場合現地採用でのエントリーとなります。ベトナムの日系企業で仕事をする場合は、日本本社での採用でベトナムへの出向(駐在)と現地採用の2つです。日系企業なので条件はそこそこのように感じている人もいますが、日本と比較すると見劣りする内容となっています。
企業側も「なるべくなら人件費をかけたくない」といったことが本音です。

ベトナムの現地採用者が利用している代表的な求人サイトを2つ紹介します。
海外求人情報、ベトナムの就職・転職 海外採用情報なら人材紹介会社キャリアリンク
https://kyujin.careerlink.asia/vietnam


ベトナム進出支援・人材採用のアストミルコープ
http://www.astmil.com/

ベトナムでの給料相場ですが1500ドルが相場となっています。一般職で1000ドル、管理職で2000ドルが最大でしょうか。ベトナム現地では1人暮らしでそれなりのところに住んでも、大体1000ドルあれば十分な暮らしができます。もちろん駐在員のようなリッチな生活は難しい状況です。
私の場合、家賃がないことから光熱費と食費程度のものでそれこそ生活費に500ドルもあれば十分な世界です。
健康保険ですがベトナムローカル保険がメインとなっています。日本のほけんが適用になっているものがないか探してみたのですが、見当たりませんでした。またベトナムは税金がかなりかかります。1500ドルの収入でも税金が20%もかかるので実質1200ドルほどとなっています。
ベトナムではドルとドンが流通していますが、日用品を買うならドンを使うのが通例です。ドル支給がほとんどなので、両替の手数料もかかります。多くの場合、交通費についても支給されません。駐在員は家賃補助や日本の保険の補助、そして交際費なども出るので雲泥の差となっています。
ちなみにベトナム人の平均給料は300ドルとなっています。日本人はその3倍以上なのでいかに恵まれているか?といった点も大きなポイントです。私の場合、日本国籍なのでハーフといえども日本人扱いとなっています。
私は合計3社ほど受けたのですが、そのうちの1社が最初は1000ドルからスタートして様子をみつつ1500ドルを検討したいといったことを言われました。求人には1500ドルで掲載されていた求人です。
これは納得がいかなかったので、1500ドルからスタートでお願いしたいことを粘り強く交渉しました。私の場合、母を養うことも前提なので少しでも給料は高いほうがいいわけです。
私は幸い日本の父の家の住所をおいたままにしているので、国民年金に加入しています。日本でもそれなりに貯金があることから、そこから引き落としにしています。これだけも年間20万近くかかります。
このように現地採用については日本と比較したらデメリットもあるのが現状です。

ベトナムは日系企業も多い

こうして私と母は3月上旬に日本を旅立ちベトナム入りを果たしました。ハノイに来たのは久々のことです。
まず第一印象として空港がとても綺麗になったなと感じました。
ベトナムドンですが、日本円から両替すると相変わらずの量だなと実感しました。母にとってハノイ入りは実に5年ぶりです。祖母が亡くなったときに訪れたのが最後でした。
母はひさびさのベトナム入りにとてもうれしそうな顔をしています。空港から街中そして母の家にはタクシーで移動したのですが、昔ここでご飯を食べたことがある、お店がなくなっているなど私に説明する場面もありました。
母の実家はたまに母の姉が訪れて掃除してくれていたこともあり、それなりに整っていました。古いのですがコンクリート造りですし、ペイントしたり壁紙をはれば、そこそこかわいらしくできそうだなと思いました。
ハノイに来て移住の準備などもあり、最初の1週間は準備に追われていました。昔祖父母の家を訪ねたときよりも街はあきらかに発展していましたし、日本語の看板も多いなと思いました。
ベトナムに進出している日系企業は多く、ハノイにも進出が目立っているとのことですが、改めて本当に多いなと思ったほどです。おまけに人材紹介会社を利用すればたくさん紹介してくれるほどです。
私は少しのんびりしたい気持ちもあったので、4月から仕事をしたいなと思っていました。4月から働くためにも就職活動も少しずつすすめていかなければと思い、すすめていきました。
母はおさななじみとあったり、姉とあったりとても楽しそうな日々を過ごしていました。私もハノイの街を散策したり、カフェに立ち寄ったり充実した日々をすごしていました。インターネットも利用できるので、弟や父とも連絡はいつでも取れる状態でした。
また日本でベトナム企業とのやりとりも経験があるので、一般職ではなく管理職を狙ってみては?とすすめられました。私の年齢で管理職なんて考えられませんが、ベトナムの日系企業では管理職募集も多く、逆に一般職だと給料が低かったり、あまりメリットがないように感じられたのも事実です。私は日系の管理職に絞ってエントリーすることを決めました。
海外進出は多いとは聞いていたのですがハノイにもこんなに進出しているとはと驚きを隠せませんでした。首都とはいえ、一昔前のハノイは素朴なアジアといったイメージで屋台や露天のイメージが強かったためです。
派遣会社でも求人は充実していました。大卒でベトナム語ができればそこそこ就職できるんだなと実感しました。

投稿日: 2012年9月12日 カテゴリー: 就職 タグ: