給料や条件について

ベトナムでの企業ですが、私の場合現地採用でのエントリーとなります。ベトナムの日系企業で仕事をする場合は、日本本社での採用でベトナムへの出向(駐在)と現地採用の2つです。日系企業なので条件はそこそこのように感じている人もいますが、日本と比較すると見劣りする内容となっています。
企業側も「なるべくなら人件費をかけたくない」といったことが本音です。
ベトナムでの給料相場ですが1500ドルが相場となっています。一般職で1000ドル、管理職で2000ドルが最大でしょうか。ベトナム現地では1人暮らしでそれなりのところに住んでも、大体1000ドルあれば十分な暮らしができます。もちろん駐在員のようなリッチな生活は難しい状況です。
私の場合、家賃がないことから光熱費と食費程度のものでそれこそ生活費に500ドルもあれば十分な世界です。
健康保険ですがベトナムローカル保険がメインとなっています。日本のほけんが適用になっているものがないか探してみたのですが、見当たりませんでした。またベトナムは税金がかなりかかります。1500ドルの収入でも税金が20%もかかるので実質1200ドルほどとなっています。
ベトナムではドルとドンが流通していますが、日用品を買うならドンを使うのが通例です。ドル支給がほとんどなので、両替の手数料もかかります。多くの場合、交通費についても支給されません。駐在員は家賃補助や日本の保険の補助、そして交際費なども出るので雲泥の差となっています。
ちなみにベトナム人の平均給料は300ドルとなっています。日本人はその3倍以上なのでいかに恵まれているか?といった点も大きなポイントです。私の場合、日本国籍なのでハーフといえども日本人扱いとなっています。
私は合計3社ほど受けたのですが、そのうちの1社が最初は1000ドルからスタートして様子をみつつ1500ドルを検討したいといったことを言われました。求人には1500ドルで掲載されていた求人です。
これは納得がいかなかったので、1500ドルからスタートでお願いしたいことを粘り強く交渉しました。私の場合、母を養うことも前提なので少しでも給料は高いほうがいいわけです。
私は幸い日本の父の家の住所をおいたままにしているので、国民年金に加入しています。日本でもそれなりに貯金があることから、そこから引き落としにしています。これだけも年間20万近くかかります。
このように現地採用については日本と比較したらデメリットもあるのが現状です。

コメントを残す