現地採用も増えている

ハノイでもホーチミンでも同じ状況だそうですが、最近活発に採用されているものの1つに「現地採用」といったものがあげられます。企業側は現地採用することで人件費を減らして採用したいといったものです。
現地採用ですが、日本で海外で働くみたいなことが流行っているのか中途採用だけではなく、新卒の子たちもけっこう入ってきているみたいです。私のようにハーフの子よりも圧倒的に日本人が多いのも現状です。
なぜベトナムで就職しようと思ったのか聞いてみると旅行に来てすっかり気に入った、気候いいからといった理由が多いみたいですね。私のように母の離婚が理由で移住したという人のほうがごくまれのようです。母と同居といった人も珍しく、多くの人は単身世帯のアパートメントなどに住んでいます。
現地採用ですが、日系企業が続々と増えるなかそうした形態で働く人も増えつつあります。求人数も多いですが、それなりのスキルも要求されるので採用に至らなかったというケースもあるみたいです。大卒じゃないと就労ビザが取れにくいといったこともあるみたいですね。
また現地採用の人も住所は日本にしたままといった人も少なくないみたいです。日本にしたままでも特段問題ないのでそのほうが利便性があったりします。生命保険や国民健康保険、国民年金など住所が日本国内にあることが前提となっています。
男性はあまりその点に関してフランクのようで、全くかけていないといった人もいるみたいです。いざとなったら、ベトナムの病院かあるいは日本に帰国して国民健康保険に入ればいいか位にしか思っていないみたいですね。
確かに私もベトナムにきて1度も病院に行ったことがありません。日本でも最近行った病院といえば歯医者とインフルエンザの予防接種くらいだった気がします。あと会社で年に1度健康診断もありました。そのくらいですかね。
ベトナムでも一応健康診断はありますが、けっこう適当な感じがします。
ベトナムの現地採用ですが、一応1500ドルから交渉したほうが良いです。日系企業からみると大きな負担額ではあにので、強気交渉でいいと思います。特に語学ができる人は、1500ドルから2000ドルは狙いたいところです。
こんな感じですが、どうでしょうか?新卒で現地採用を検討している人は、保険については特にどうするか?真剣に考えることをおすすめします。国民年金だと厚生年金と違って支払額もぐんと下がります。この点も難点ですね。

コメントを残す