ベトナムに住んで感じること

ハーフの私でさえ、ベトナムに住むとは思ってもみなかったわけですが、住んでみたらけっこう居心地もいいので、気に入っています。ベトナムについては気候が良いのも特徴です。

ただハノイは想像よりもちょっと寒いかもしれません。特に冬場は8度位まで気温が下がります。それにもかかわらずストーブなどの設備はありません。ではどうするのか?というとセーター等を着込むわけです。

冬はセーターなど厚着をして過ごす人が多く見られます。中には寒さのあまり凍死した人もいるそうです。(最低気温が8度のとき)根本的に日本人は寒さに慣れているんだと思います。
それと交通事故が後を絶たない国ですね。一説によると日本の5倍以上なんだとか。それでも現地の人はバイクを活用しています。バイクが自転車がわりになっていて、母もバイクを乗っています。私もたまに乗ります。買い物のときとかバイクが便利なんですよね。
母と2人乗りもしょっちゅうです。ベトナムでは日本のバイクとちょっと違っていて、バイクの乗る部分が大きいなサイズになっており、3人や4人のりもざらです。家族にとって家族所有の車のような感覚だと思って間違いありません。
また最近はつくづく景気が良くなっているなと感じます。ハノイでも高級外車がどんどん増えています。以前は車が珍しかったイメージでしたが、最近は中流の家庭でも車を持っている世帯が増え始めています。
我が家は当面車は持たないと思います。なにしろ運転が危ないからです。日本と比較したら、ハノイの運転事情はとても荒く日本人はとても運転できないと思うことでしょう。実際に日本人については現地で運転している人をほとんどみかけたことがありません。駐在員についてはドライバー付の人も多いことから、ドライバーさんの車で移動している人を見かけます。
ベトナムでの仕事は日本よりもハードです。20代の私でも管理職になっているくらいです。仕事が大変なのは日系企業でも同じでその点は覚悟しておいたほうがよいでしょう。責任は重くても、給料は安いのが現地採用です。
その代わり物価も安いので日本よりもリッチな生活ができるといった声も多く聞かれます。
ベトナムに移住して仕事も変わり大変だなと思うことも多いのですが、新鮮なことも多くまた母も元気になったので今は移住してよかったと思っています。
まだ先のことはわからないのですが、もし日本に戻ってもベトナムでの生活は貴重な体験になることと思います。

コメントを残す